Friday

101231

Looking Back 2010







気がつけばもう2010年も終わりで、
今年は日本に帰ってきたという大きな変化はあったものの、
なんだかふらふらとしていてあまりはっきりと何をしたと言い切れない感じなので、
逆にきちんと書いておこうと思います。
ふだん別に振り返ったりとかしないんですけどね。

で、とりあえず今年3年半いたスイスから帰国したのが大きい出来事で、
スイスでの経験は今後の自分にとってもものすごく大きなものになると思うけれど、
いっぽうでこれ以上いるとなかなか帰りづらくなってしまうなあというのがあって、
感覚として日本とスイスの間ぐらいでタイミング的にもちょうどよかったかなあと。
ただやっぱり日本に帰ってきたところでよりどころはなにもないわけで、
実際今もその状況は続いているのだけれど、
こういった肩書のない状況というのは留学前にも経験していて
実はけっこう重要なのかなあと思っていて、
目の前のことに振り回されずにじっくりと自分の興味のあることと向きあったり、
また人と会うにも何らかのフィルターを通してではなくて
自分という人間そのものを見られている感じがして、
改めて何をしたいのか考えさせられたりしました。
まあそんなことそう簡単にわかるものではないですが、
自分の専門外について興味を持つのは作り手としてもすごく大切なことだと思うし、
日本にいることでしか得られないものっていっぱあると思うので。
そして、こういったことが先にいってけっこう効いてくるのかなあとポジティブに捉えてます。

日本に帰ってきてからはいろんな人にお会いできたのが何よりも大きなことで、
昔から尊敬していた人とか本当にすごい人たちと実際にお話しできたりして、
ものすごくいい勉強をさせてもらいました。
ただ周りにすごい人たちがいっぱいいるというのは
もちろん自分の能力とは別問題で、
それで調子にのったらただのアホなので、
こういった経験も直接的にではないにせよ、
自分の中で消化して少しずつアウトプットしていければなあと考えてます。

そして来年はまずはきちんと仕事と向き合える環境を見つけることが大前提で、
まあスイスから帰ってくる時点である程度は覚悟していたけれど
やっぱりなかなか厳しい状況ではあって、
うまくいかないことも多々あるけれど、
ここまで来たらもはや後戻りはできないので、
少しずつでも前進していきたいです。
やっぱり本分を怠ってしまったらダメだし、
というかそもそもまだ何にもしてないですし。
週末の方が充実しているっていう状況もほどほどにしておかないと。

あとは「スイスから帰ってきた」というのをあまり引きずりすぎずに、
ちょっとずつ自分のやり方を見つけていければと思います。
まあこれはなかなかすぐにできることではないとはわかっているけれど、
そういう意思は常に持っているべきだと思うので。

という感じであいかわらず中途半端で、
まあそのどこにいってもアウェーみたいなのも嫌いではないけれど、
そろそろ地に足をつけて活動していきたいっす、来年は。
そういう意味では勝負の年かもしれません。
もちろんいろんなところに顔出していきたいですけどね。

ではみなさま今年はどうもお世話になりました!
そして来年もよろしくお願いします!

No comments:

Post a Comment

Profile

My photo
岐阜県多治見市にあるギャラリー info@spaceohara.com
There was an error in this gadget